SSブログ
前の2件 | -

天美の販売方法について・・・ [入荷情報!]

さて本日は2021年6月9日(水)です。
明日、6月10日(木)に天美の特別純米酒を販売します。


それではここからは入荷情報です。
大変お待たせして申し訳ありませんでした。
山口県の長州酒造さんより入荷です!


▷山口県 長州酒造

1871年創業の老舗蔵元 児玉酒造が
後継者不足で廃業を余儀なくされた時
異業種の長州産業が蔵の存続を願い
蔵を買取し長州酒造を立ち上げました。
杜氏には川鶴酒造で杜氏を務め
その後、清水清三郎商店で経験を積んだ
藤岡美樹氏を抜擢し蔵の設計からレイアウトまで
藤岡杜氏のアイディアを取り入れ
構想から約2年、2020年11月より醸造を開始した
恐らく日本で1番新しい酒蔵です。


P6092923.jpeg

☆天美 特別純米 火入れ R2BY
1,800ml ¥3,080 / 720ml ¥1,650
(御一人様1本のみご購入頂けます)

・原料米:麹米:山田錦・掛米:国産米
・精米歩合:60%
・酵母:協会701号
・日本酒度:・・・非公開
・酸度:・・・非公開
・アルコール度数:15度(原酒)

今回ご案内出来るお酒は天美の定番酒で
特別純米酒の火入れ酒になります。

麹米に、山田錦。掛米は、西都の雫を使用しています。
フレッシュで穏やかな香りと
滑らかでやわらかい甘みと酸味
食事に寄り添える日本酒を目指し0.1度の温度差にもこだわり
繊細で丁寧かつ正確な火入れ殺菌を徹底して行います。
※蔵元商品説明より

※R2年産酒米が不作のためロットによっては
他の品種を使用することがありますので
国産米表記としております、ご了承ください。

今回ご案内出来るのは
1,800mlが6本と720mlが24本となります。

販売は明日6月10日(木)午前10時よりとなります。

ただし電話でのお問い合わせでの在庫確認は可能ですが
「取り置きお願いします」などは一切受付しません。
こう言うご時世ですので確りと感染対策したうえで
ご来店頂いた方のみ、お一人様1本でお願いします。
こう言う販売方法は当店がやりたい酒屋のスタイルではなく
来店頂くお客さんに対し本当に申し訳ないのですが
まだまだ潤沢に商品が入荷する訳ではございません。
こう言う販売方法を取らざるを得ないのが現状です。
本当に心苦しく申し訳ないのですが
ご理解頂いた方のみご来店お待ちしております。

また送りで万が一破損しても代替え商品など無いので
送りなどは一切受け付けません。

また一部のオークションサイトで
天美の転売が見受けられます。
蔵元も、藤岡杜氏もそんなことを望んで
お酒を造っているのはありません。
美味しいお酒を飲み手の皆さんに届けようと
目一杯努力されています。
なので絶対に転売等の行為はおやめください。
当店では飲み手のお客さんのみ
ご購入よろしくお願いします。

今後も潤沢に商品入荷があれば
通常商品と同じように販売させて貰いますし
それを望んでいますが
今後もこう言う状況が続けば
今まで通りの販売になると思います。

また当店以外ではネット販売をされている酒販店さんが
多数あるはずで、そちらには当店の入荷数量以上に
入荷があるようなのでそちらでのご購入をオススメします。

また独り占めしようとする方や
こちらの販売方法に背く行為があった場合は
販売をお断りすることもありますので
十分に理解の上ご来店お待ちしております。


まだまだ需要と供給のバランスが取れず
入荷数量が限られている為、本当に申し訳ありませんが
出来る限り多くの方に飲んで頂きたいので
数を制限させて頂きますが
感染対策をしてご来店お待ちしております。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

気分を変えて・・・ [日記]

さて本日は2021年6月8日(火)です。
本日も無事に営業を終えることが出来ました。
ありがとうございました。

入荷情報の更新がなかなか出来ず
紹介したい、しないと行けない商品が順番待ち状態なのですが
今日は気分を変えて雑談です。

正直、ウチのようなショボイ酒屋でも
年に数蔵の酒蔵さんからオファー頂いたり
ワインのインポーターさんからお話があったり
クラフトビールのブルワリーさんからお話を頂いたり
本当にありがたい話ではあるのですが
なかなかお答え出来ないのが現状です。

ただ日本ワインのワイナリーさんからお話を頂くことは
ほぼ無く、今回珍しくお話を頂きました。

P6092922.jpeg

赤が2種類と白が1種類

テイスティンググラスが2脚しか見当たらず
1脚は1番安い白ワイン用のリーデルのグラスで。

正直、最近ワインをじっくりとテイスティングすることが減り
いかんな・・・と思っていたところだったので
自分を戒める意味でも真剣にトライしました。

正直、穿った目で見ていた感があり
サンプルを送ってくれるとのことだったので
これも勉強と思い送ってもらったんですが
余り確りとお話もしないままだったので
何故ウチに話があったのかはよく分かりませんが
恐らくローラー作戦的な感じなのかな?と・・・
でも穿った目で見ていた感じでテイスティングして
あれ?って感じでした。
どうせたいしたことないだろうと思っていたんですが
それは撤回しないといけない味わいでした。

ただウチって日本のワイナリーさんに関しては
3社しかお付き合いがなく、その3社がどれも個性豊かで
何物にも変えがたい3社なんです。
僕が酒屋に入った当初は、日本ワインに目を向ける人は少なく
気軽に問屋さんで日本ワインが取れることは無かったんですが
今では問屋さんの頑張りもあり、日本ワインは
ある意味気軽に取り扱えるようになりました。
だからこそ、ワインの味わいだけでなく
人柄やワイナリーさんの考え方や生き様も含め
取り扱いをするかしないかを決めるようにしています。
もう美味しいのは当たり前で
その先がどうかが1番需要な気がします。
あとは数日後にもう1度テイスティングをして
ワインがどれだけ変化するか・・・。
それからちゃんと話をしてからって感じですかね。
ありがとうございました。

昔はこのblogは、ある意味雑談が殆どで
今みたいに入荷情報の方が少なかったんですが
たまにはこう言うのも気分転換には良いかなと・・・

雑談にお付き合い頂きありがとうございました。

それでは皆さんにとっても明日という日が
素晴らしい1日になること願っています。
最後までご覧頂きありがとうございました。
まだまだこれからも大変な日々が続きますが
みんなで力を合わせ一緒に頑張って行きましょう!
それでは、また。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の2件 | -