SSブログ

我が故郷へ貴方をお連れします。 [旅]


さて、本日は昨日の続きで、僕のお盆休み3日間をお届けします。




で、昨日blogの続きから話は始まります。




【TRATTORIA Pappa】さんを後にし、お母さんを自宅まで送って行きました。




で、お母さんに「上がっていく?」と言われたのですが、

明日の事もあるので、今日はそのままお暇する事にしました。




で、家に帰ってきたのが、午前0時前。




とにかく宿がまだ決まっていなかったのですが、最初は当日当たって砕けろ!

と思っていたのですが、当日宿探しに時間を取られたらもったいないと思った僕は

とにかく宿だけでも決めようとネットで宿を探しまくりました。




前日まで、めぼしい宿はチェックしていたのですが、それは全て予約時間が過ぎて、

既に前日の金額から値上がり状態。




ただ、お母さんのお祝いでお金を消費してしまったので、

この時点で「宿は押さえよう」と言う事になりました。




ま、稼ぎがよければ、こんな悩む必要ないのですが、コレばかりは今の現状仕方ない。




ただ、せっかくのお休みなので、何とか嫁さんの要望は聞いてあげたいんですよね。




で、嫁さんは「出来たらビジネスホテルじゃなく、ちゃんとした所に止まりたい」

後「温泉か大浴場が有る所がいい」と言う条件でした。




ただ、この条件をクリアーするには当日予約では最低限1万円以上する宿しか選べない。




正直、予算を考えると出来るだけ安くしたい。




で、たまたま検索かけた宿が「天然温泉付き1泊2人で6,980円」と言うのを発見!

他はシングルベットで2人6,980円ぐらいなのだが、

ココはダブルベットで天然温泉が付いて、6,980円。安い!




今の予算を考えるとココしかない!と言うことでネットで申し込む。




この時点でAM1時。




嫁さんは風呂に入り、寝る準備完了。




で、僕はまだ風呂も入れず、明日の下準備に追われておりました。

その後嫁さんを寝かせ、漸く僕も風呂に入り、出てきたのはAM2時過ぎ。




で、本日の起床は5時!ん〜。全然寝れねえ!!




しかしココから明日の準備を色々している間に気付ば何とAM4時を廻っていました。

「あかん、寝られへん」

子供のように、なぜか寝付けない。




で、リビングで少し横になるも結局眠れず、気づけばAM5時。

目覚ましがなり、嫁さんが起きてきました。




「あ〜あ。寝れなかった」と思いながらも、起きて車の準備。




結局、その後もバタバタしてAM7時前に大阪を出発!




今日一日、体力が持つか心配だが、前日休みだったので、少し寝坊したお陰か、

出発時は元気満タン!




いざ!我が故郷。四国は香川県向けて出発です!




流石に高速はがら空き!

阪神高速を神戸方面へ→その後第二神明から→神戸淡路鳴門道へ






はい!明石海峡大橋をただ今通過中です!




その後、まずは第一休憩のパーキング【淡路】へ。

ここでトイレ休憩をし、景色を眺める!






ん〜。綺麗だね!!




その後は、淡路島横断し徳島へ!




前回は夜中走ったので、回りが全く見えない状態やったのですが、

今回は朝!景色も最高やし、Driving Musicも軽快で気持ちいい!!




と言うことで今回のDriving Music






ダイナマイト

ダイナマイト

  • アーティスト: ジャミロクワイ
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2005/06/15
  • メディア: CD






Elements of Life

Elements of Life

  • アーティスト: Louie Vega
  • 出版社/メーカー: Vega
  • 発売日: 2004/03/09
  • メディア: CD






Shinichi Osawa presents SAKURA HILLS DISCO 3000

Shinichi Osawa presents SAKURA HILLS DISCO 3000

  • アーティスト: オムニバス, SHD3000, SHD3000 All Stars, 大沢伸一, bird, Monday満ちる, テイ・トウワ, BAHAMADA, VIV, KYOTO JAZZ MASSIVE, 沖野修也
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2000/04/01
  • メディア: CD






ROUTES

ROUTES

  • アーティスト: Monday満ちる
  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/02/08
  • メディア: CD






ワールドワイド・アンダーグランド

ワールドワイド・アンダーグランド

  • アーティスト: エリカ・バドゥ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2003/09/17
  • メディア: CD





新しい物は全く無いが、僕も嫁さんも共に大好きなアーティストばかりをセレクト!




一路、四国は高松を目指します!




とにかく神戸淡路鳴門道は気持ちいい!・・・・・いろんな意味で。




で、気づくともうすぐ徳島県です!






はい!鳴門大橋通過です!!この下で鳴門の渦潮が見れます。

コレを越えると四国に突入!




ココからは神戸淡路鳴門道から→高松道に入ります。




高松道は徳島県と香川県を結ぶ高速道路です。




ただ、基本が一車線。それまで軽快に走っていたが、ココで前方にトラック。

遅い!・・・・・やっぱり遅い!・・・・・イライラ。




途中で2車線へ・・・・・イケ!!

でも直ぐに一車線に・・・・・今度は軽自動車が・・・・・遅い!

こんな事を来り返し、途中より2車線へ!




この時とばかりにと・・・・・イケ〜ッ!!




しかしココでホテルが高松と言うことで、まずは高松に行く予定にしていたが、

ホテルのチェックインはPM15時。

で、嫁さんと相談し、どこ行こうかと話した結果、

嫁さんが「栗林公園へ行きたい」と言うので、

とりあえずホテルの場所を確認だけし、一路栗林公園へ!




で、栗林公園到着!この段階でAM9:30

ん?大阪から僅か2時間30分余りで高松に到着!!




明石海峡大橋と高速、鳴門大橋が出来たお陰で四国が身近になりました(笑)




で、まずは栗林公園へ




http://www.pref.kagawa.jp/ritsurin/




しかし車を降りるとメチャクチャ暑い。






入り口から見た図(紫雲山)

やはり大阪と違い、緑が多いな!実に気持ちいい・・・・・でも暑い。




その後公園内を散歩です。

讃岐民芸館で讃岐の歴史に触れ、商工奨励館で民芸品などを見て、

そのまま、順路を歩いて行きます。・・・・・暑い。




途中には池が沢山あり、沢山の鯉、亀が。

しかしみんながエサを与えるからでしょうね。

人間を見ると寄ってきて口をパクパクしてます。




そして今回のお楽しみ、掬月亭へ






外から見ても凄く綺麗な建物。




更に中は実に美しい!






この廊下が凄く気持いいんですよ。




さらに中ではこんな物を頂きました。






抹茶と和菓子。でも僕は白あんがある理由で食べれませんので嫁さんのおやつに。

庭を眺めながら頂く抹茶は、もう最高の気分です。




ココは暑さを凌ぐには最高の場所です。

昔の家は本当に素晴らしい造りをしています。




更に最高な場所!






ココはホント最高!おっちゃんも余りの気持ちよさに廊下で寝てました(笑)

写真では伝わりづらいかも知れませんが、本当にこの感覚は最高に心地いいです。




で、ココでオカンから電話。




実はオヤジとオカンは前日から四国に入り、

善通寺の伯母ちゃんの家に泊まっていたのですが、

電話で話と金比羅さんの下から電話でした。




僕の予定では明日、合流してから一緒に金比羅さんに登る予定でしたが、

もう既に登る気満々で、この猛暑の中「今から金比羅さんへ登ってくるわ」

と元気に言ってました。




「とにかく気をつけてや」と電話を切りました。




で、僕達は掬月亭を後に、再び順路を進みます。






対岸から見た掬月亭。やっぱり美しい!!




その後、飛来峰に登りました。






飛来峰に上り、空気いっぱい吸い込む嫁さん。

その向こうには、偃月橋が。




そして、その後も順路を進み結局1時間30分ほど散歩して楽しみました。

本当に栗林公園は来て良かったです。




コンクリートジャングルに住む僕としては、自然に触れ合えた事が最高の幸せ。




で、車に乗り込みますと、まあ大変。

日差しをモロに浴びていたため、車内温度は半端じゃない。




「そりゃこんな所に子供を放置したら、死ぬわな」と2人で話をしながら、

全くエアコンも効かない車内に乗り込み、

次に向かうは高松Bayareaにあります【北浜alley】へ向かいました。




北浜alleyには数年前に帰って来たときにも行ったのですが、

今回は少しガッカリ。




盆休みと言うことと、丁度お昼前と言う事もあったのか、

お客さんは殆ど居ません。

商品も大阪で居ている僕からすれば・・・・・な感じ。




ただ、ココで唯一気持ちいいお店。

RAG-STYKE 北浜創庫店






店内に植わった木が、とても空間を心地良くしていると思いました。




嫁さんはココでピアスを購入。




僕はそれより店内に流れる曲に釘付け!

こう言う知らない音楽に触れると聞かずに居られないので、

何と言うバンドか聞きますと【toe】と言うバンドだそうです。




店内に流れる音楽はRockながら全てインスト。

それが逆に心地いい。生々しいサウンドが空間にマッチ!して格好いい!




http://www.youtube.com/watch?v=Nl3dARTNgcw

(Youtubeの映像をどうやって張っていいのか分からないのでアドレスを掲載しました。)




その後は【北浜alley N.Y GALLERY】へ向かうも、お店は閉まっているし、

全く活気がありません。

以前来た時に僕の大好物の【addids】が色々置いてあるお店も

以前の様な面白い品揃えが全くなく残念でした。




結局すぐ、その場を後にしました。




さて今何時?







どれも合ってません。もうお昼ですよ。




と言うことで、漸く香川県に来たのですから【うどん】ですよ。

前回来たときに行ったお店にもう一回行こう!と行っていたのですが、

それは丸亀にあるので、出来れば高松近郊で探したいと言うことから、

探してますと、以前嫁さんがガイドブックを見て「イルカと一緒に泳げる」と言う

記事を見て「行きたい」と言っていた【新屋島水族館】へ行こうと言う事になり、

と言うことは屋島近郊でうどん家を探してましたら、ありました。




超有名店【わら家】です。




お店に到着しますとこんな状況です。






正に行列の出来る店です。

しかし、意外と待ち時間は短く10分ほどで中に入れました。






中は普通の屋根にワラをかぶせているだけだと思っていましたが、

とんでもない。素晴らしいわらぶき屋根に素晴らしいハリ。

大釜の上に神棚が奉られています。






で、僕は釜揚げの中ジャンボ(うどん3玉)嫁さんは生醤油うどんを注文。




釜揚げは小さな時に来たら釜揚げを食べていましたが、最近は久しぶり。

非常に美味しい!特に薬味がてんこ盛りなのが僕には最高!

ただ、生醤油うどんの味付けに「味の素」を入れて下さい!には

2人で「え!」当然嫁さんは入れません。




でも生醤油より、釜揚げが美味しかったですね。




その後オカンに電話を入れると金比羅さんの上の旧金比羅大芝居(金丸座)で

話を聞いて感動しているとの事。

一年分の汗をかいたと言っていました。

正直「この炎天下の中よく登ったな」と関心してました。




その後は金比羅さんを下山し、高松に向かうとの事。




で、僕達は次の目的地【新屋島水族館】へ向かいました。




しかし、ま、暑い。それしか言葉が出ません。

で、水族館に入り、中を探索。

この時点で暑さと眠気が僕を襲います。




で、出ると丁度イルカショウが始まっていました。






水槽を泳ぐイルカ。






ジャンプするイルカ。




で、ショウも終わり、予備水槽に近づくとイルカが寄って来てくれました。




嫁さんは大喜び!




嫁さんが「イルカさ〜ん」と呼ぶと更に近づいて来てくれました。






水槽越しに触れ合う嫁さん。

この瞬間「来て良かった」と言ってくれました。

僕も「連れてきて良かった」と思った瞬間でした。




その後、ある水槽へ。






ん?何か居るぞ!






何だコレは?






ウミガメでした。白菜を食べてます(笑)

ウミガメが白菜を食べるとはビックリ!




しかしこのウミガメちゃん、体中が苔だらけ?大丈夫なんでしょうか?




ただ、イルカも見れて良かったのですが、水槽が余り大きくないので、

どことなく可愛そうな気もしましたね。




で、その後屋島を一周しました。






頂上から見た女木島(鬼ヶ島)です。




しかしいい天気でしょ。

身体がジリジリと焼けていくのを肌で感じます。




そして屋島を後に。




しかしこの時点で2人とも汗でベショベショ。

実は今回出来るだけ荷物を減らそうと、Tシャツ2枚のみ。

当然、着替えると明日着る物がないと言うことで、

屋島を降りた所のユニクロでとりあえずTシャツを購入し、

ホテルのチャックイン時間となったので、ホテルへ向かいました。




ホテルに到着し、オカンに電話。




するとオヤジとオカンは既に高松入りしていて「大丈夫か?」と聞くと

「とりあえずは大丈夫」との事。




で、どこへ行くか訪ねると、自分達が結婚式を挙げた【石清尾八幡神社】へ行き、

その後、栗林公園へ向かうとの事。




しかし僕はこの時点でグロッキー!

「一旦シャワーを浴びて、少し寝てからもう一回電話するわ」と電話を切りました。




で、1時間弱仮眠をとり、再び電話すると

今から再び善通寺の伯母ちゃんの所に向かい、親戚みんなで食事をするとの事でしたが、

最初は、車で一緒に送っていって、一緒に食事を取る事も考えたのですが、

ホテルの駐車場が11時30分で閉鎖となるため、帰ってこれないとマズイので、

今回はやはり別行動を取ることに。




しかし、オヤジもオカンもメチャクチャ元気。




で、僕達は高松の商店街を探索と晩ご飯を食べに、ホテルを後に。




しかし、盆休みなのか、普段からこんな感じなのか、全く活気を感じない。

お店は超有名店なども色々並ぶ商店街なのだが・・・・・。




で、高松駅前の方へ行く予定が、再び暑さで2人ともバテバテ。

途中で引き返し、晩ご飯を食べる所を探すことに。




ライオン通りが飲食店が集中する通りのようで歩くも、

余り入りたいと言うお店に出会えず、出会えても入りづらい。




嫁さんに「何食べたい?」と聞くと「今日は和食かな?」との事。

嫁さんが和食と言うと和食なのです。




で、結局ウロウロして一軒いい店を見つけたのですが、

どうもそこは日本酒バーの様子。

ご飯を食べるには適さない。




で、結局店先に「サンマ祭り!」と書いてるのを見て入るも正直失敗。

ただの居酒屋。

せっかく四国に来たので、美味しい瀬戸内の魚料理を食べたかったのですが

出てくる料理どれも味が濃い。

サンマは確かに美味しかったが、とにかく味付けが濃い。




以前入ったお店はメチャクチャ高かったが、味は最高だった。

「やっぱりもう一度、あの店に行けば良かった」と心の中で思いました(苦笑)




で、ホテルに帰る前にスーパーへ立ちより、色々買い込みホテルへ戻りました。

でも、やっぱりお酒売り場に立ち寄り、ウロウロ物色。

当然ながら余り面白くなく、直ぐに出てきましたけどね。




で、ホテルに戻ると、そうお風呂です!

所がこのホテル天然温泉が付いているのですが、実はお風呂が一つしか無いため、

時間制で男女がかわります。




で、帰宅した時間は男湯。女湯は既に本日は終了。




僕としては何とか嫁さんを大きな風呂に入れて遣りたいと思い、

スーパー銭湯でも行こう!と提案。




しかし場所が分かりません。




で、ホテルのフロントで訪ねると2つの銭湯を紹介してくれました。




この時点でPM10時過ぎ、一旦部屋に戻り嫁さんと相談。

一軒は所謂スーパー銭湯。

しかし場所が少し離れていて、時間を考えると車で移動していたら、

駐車場の時間に間に合いそうにない。




と言うことで近くのお風呂の方を選択。




ココは朝3時までの営業で、ホテルからも近い。

ホテルのフロントの方がネットで情報をくれたのですが、

その記事には「四国にこんな良い風呂があるのか!」と、

どうやら銭湯マニアの方が自身のHPで紹介している記事をくれまして、

話では「スーパー銭湯の様なお風呂ですよ」との事でしたので、慌てて出発。




既に駐車場閉館まで1時間。




急いで銭湯に向かいました。




で、着くと、どう見ても普通の銭湯。




中に入るとおばちゃんが「いらっしゃい」と。

中のソファーはボロボロ。

男風呂の脱衣場は入った所から中は丸見え。




でも「来たのだから、中はゆっくりお風呂に入れるだろう」と入ることに。




ココで嫁さんとは一旦お別れ。




で、脱衣場に入ると、小さな小学生の男の子が一人だけ。




裸になりお風呂場に入ると、中はやっぱり普通の銭湯。

確かにサウナ、ジャグジー風呂はあるも・・・・・?そんなに良いのか?

僕はあまり銭湯や、スーパー銭湯に行った事無いので・・・・・でも???




で、シャワーでとりあえず身体を流し、風呂に入ろうと足を入れると

お湯がメチャクチャ暑い・・・・と言うか暑すぎて入れない。




その後、男性が一人入って来るも僕と同じ「あち〜い!」と言って入れない。




結局はシャワーだけ浴び、湯船につかれずにそのまま出てきました。




僕が出て数分後、嫁さんも出てきました。




で、中では話せませんので、外に出て「どうやった?」と聞くと

女湯もメチャクチャ暑くて、嫁さんもお湯につかれなかったそうです(苦笑)




「誰や!あんなデタラメな記事書いたんわ!」と思いながら

急いでホテルへ戻りました。




何とか駐車場の閉館時間には間に合い、ホテルへ戻りました。




その後は、先ほどスーパーで買ったプリンを2人で食べて、

BSで遣っていた音楽番組を見ながら気づけば2人とも夢の中へ・・・・・




と言う1日でした。




ま、決まった短い時間内に遣りたいことが盛り沢山な為、

かなり強行スケジュールとなりました。




最終日はまた明日!




お楽しみ!




それでは、また。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 4

yumi

初めて四国に行きましたぁ!(行ってない。見ただけ!爆)
大強行軍ですね~。
でもたくさん楽しめてよかったですぅ。
by yumi (2007-08-20 09:06) 

井上酒店

yumiさん、コメントありがとうございました。
四国行ってくれました(笑)嬉しいですね。
「讃岐良いとこ一度はおいで!」ですよ。
by 井上酒店 (2007-08-20 17:12) 

まずは、・・・お疲れ様でした。

“水車”の横で“パチリ”でしょうか・・・
「わら家」さんは、お客さんが少ない時は注文後の待ち時間に
ゆくっりと周りを観ながら、静かに“マッタリ”と出来ますが、
これだけお客さんが多いと、そうもいかない様な・・・
中身が詰まった一日・・・な、感じがしました。
by (2007-08-20 21:53) 

井上酒店

讃岐うどん食堂さん、コメントありがとうございました。
流石!大正解!水車の写真も実は撮ったんですが、今回は割愛しました。もうまったりとは行きません。僕達が食べ終わってもドンドンお客さんは来てましたからね。食べたら即退去です。でもゆったり出来たら良いお店でしょうね。はい。凝縮です。本当は晩ご飯がもっと充実してれば尚良かったんですけどね。
by 井上酒店 (2007-08-21 22:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 2