SSブログ

季節に寄り添う酒2023 第3弾・・・ [入荷情報!]

さて本日は2023年5月18日(木)です。
本日も無事に営業を終えることが出来ました。
ありがとうございました。

大変ご無沙汰しておりました。
アッと言う間に気づけば5月も3週目の週末
4月から少しずつペースが落ちて
また久しぶりの投稿になちゃいました。
来店頂いたお客さんからも
blog楽しみにしています・・・と言われる日々
本当にご無沙汰になり申し訳ありませんでした。
紹介したい商品は山積みなんですが
なかなかペースが上がらず申し訳ありませんが
またゆっくりとご紹介して行きますので
よろしくお願いします。


それではここからは入荷情報です。
季節に寄り添う今期3本目のお酒が到着しました。
奈良県の長龍酒造さんからの入荷情報です。


▷奈良県 長龍酒造

1923年奈良県の飯田酒造場より独立し
八尾に酒の小売店を開業し酒の世界へ・・・。
その後長龍酒造を八尾にて設立し
同時に酒の卸業と二足の草鞋を履き事業を拡大。
どうしても酒蔵をしたいと言う想いが叶い
現在の蔵の場所で元々あった酒蔵が廃業され
その蔵を譲り受け自身の夢であった
奈良県にて広陵蔵を設立。
社是でもある昇道無窮極とは
私たちの酒造りの心は「昇道に窮極無し」
旨い酒、良い酒を造りたいという気持ちは無限である。
この言葉を胸に、良酒を目指します。
日本初の瓶詰め樽酒の製造や、ヴィンテージ純米酒
小仕込み300本ほどの製造量の四季咲シリーズなど
無限の可能性を秘めた酒蔵です。


P5193497.jpeg

☆長龍 四季咲 梅子黄 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 R4BY
 1,800ml ¥3,740

・原料米:岡山県高島産 雄町100%
・精米歩合:55%
・アルコール度数:16〜17度
・日本酒度:-1.5
・酸度:2.0

長龍酒造さんより今期の四季咲シリーズ第3弾
梅子黄 (バイシオウ) 純米吟醸
無濾過生原酒 雄町 R4BYが入荷しました。

※四季咲とは・・・
七十二候 美酒 四季咲シリーズは
日本の四季を彩る旬の酒を
季節毎に美しく咲く花のように
季節に合わせて最良の状態でお届けする
純米吟醸 無濾過生原酒シリーズです。
全てを低温瓶貯蔵で-5度の低温管理を行い
1年を通じて最良の状態で出荷されます。
七十二候に合わせ
年間7種類(各350本)のお酒をお届けします。

※七十二候とは・・・
旧暦の二十四節気(立春、夏至、大暑・・・など)を
さらに3つの候に分け、動植物や気象など
自然の変化を短文に表して知らせる言葉です。

色合いは、淡く色づく薄い飴色
香りは、微かなガス臭に蒼いラムネのような
爽快感のある香りで実に爽やかです。
味わいは、米由来の軽めの甘味に
果実系の仄かな苦味と酸が実に心地よく
メーター以上に切れ味を感じ
これから暑くなるシーズンにピッタリな印象です。

昨年の梅子黄は近年流行している4MMP
いわゆる白ワインのソーヴィニヨン・ブラン系の香りで
トレンド感満載な感じでしたが
今期はもう少し6号系の酵母で感じる
ラムネっぽい仕上がりになっています。
ただ昨年ほどではないにせよ
どちらかと言えばフルーティーな果実感のある味わいで
キリッと冷やして甘味と酸味のバランス感を
堪能して欲しい1本に仕上がっています。

ただし今回もご案内出来る本数はごく僅かです。
気になる方はお早めに・・・

その代わり、まだ昨年の四季咲の720mlが
若干在庫しています。
また隠し持っていた1,800mlのバックビンテージを
ガッツリ販売しています。
全ての商品はございませんが、
2020年から2022年まで色々在庫ありますので
ぜひ冷蔵庫をディグって
お気に入りを発掘してみてください。

今後とも長龍酒造さんをよろしくお願いします。


最後までご覧頂きありがとうございました。
皆さんにとっても明日という日が
素晴らしい1日になることを願っています。
まだまだこれから先、どうなるか分かりませんが
みんなで力を合わせ一緒に頑張って行きましょう!
井上酒店も負けません!!
それでは、また。


#奈良県 #長龍酒造 #四季咲 #梅子黄
#雄町 #純米吟醸 #無濾過生原酒
#R4BY #日本酒
#大阪 #福島区 #酒屋 #井上酒店 #入荷情報
#JR福島駅より徒歩1分




nice!(2)  コメント(0)